アラフォー(アラヒフ)世代からのエイジングケアは?

シミ、シワ、くすみ、たるみなど、30代、40代になって肌トラブルが気になってくる方が少なくありません。
いつまでも若々しい肌でいたいですよね。

若々しい肌を維持するためには、年齢に合ったケアをすることが大切です。
では、30代、40代はどのようなケアをしたらいいのでしょうか。

肌のお手入れの仕方とエイジングケアの方法です。

40代の肌の特徴

日本人女性の平均的な閉経を迎える年齢は、40代後半から50代前半です。
40代になると徐々に女性ホルモンの分泌量が減少をします。
女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンの生成を促すなど、美肌を手伝う働きがあります。また、脳、血管、骨などの健康も守ります。

ところが、女性ホルモンが減少をしてしまうと、これらの働きが低下をして肌トラブルを招くことに。

また、長年浴びてきた紫外線の影響も出始めます。
紫外線を浴びると活性酸素が発生して、その刺激でメラニンが生成されます。
メラニンが蓄積をするとシミになります。

真皮層に到達した紫外線は、コラーゲンやエラスチンを変性させて弾力が失われ、たるみやシワにつながります。

さらに、肌にもともと存在しているヒアルロン酸やセラミドなどの潤い成分が減少をします。
潤いが不足をして乾燥肌になり、乾燥の影響でシワができることもあります。

40代のエイジングケアで注意をすること

紫外線は美肌の大敵です。これ以上肌にダメージを与えないために、紫外線対策をしっかりとしましょう。

長時間外に出るときには、日焼け止めを塗ることがおすすめです。値が大きいほど肌の負担になるので、日常的に使用するのなら、SPF15、PA++程度のものを選びましょう。

日焼け止めの使用目安量は、顔に使用する場合、ローションタイプだと500円大です。
たっぷりと塗らないと紫外線カット効果がきちんと発揮されません

また、こまめな塗り直しも必要です。
汗や摩擦で簡単に取れて、紫外線カット効果がなくなるので、3~4時間に1回塗り直しをしましょう。
シミ、シワ、たるみなどさまざまな悩みがあると思いますが、40代は保湿ケアを中心に行うことが大切です。
肌が乾燥をすると小ジワができます。
小ジワを放置していると、大ジワになります。
また、乾燥は真皮層の負担になります。

ケアをする際に注意することは、こすらないことです。
美容成分を肌の奥に入れるためにすり込みたくなりますが、肌をこするとバリア機能が低下をします。

外部刺激から守り、肌の乾燥を防ぐバリア機能が低下をすると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

洗顔をする際には、泡をクッションにして、手が顔に触れないようにしましょう。
すすぎのときにも、肌をこすらないように気をつけてください。


化粧品をつける際にも、こすらないように優しく
しましょう。

化粧水、乳液、クリームなどは、手のひらに広げて、その手を顔に押し当ててつけると、摩擦が軽減して肌の負担も少なくなります。
バリア機能を守る方法でケアをして、外部刺激に負けない健やかな肌を目指しましょう。

エイジングケアに必要な成分

40代はセラミドやヒアルロン酸などが不足してくるので、これらの成分を化粧品で補いましょう。

セラミドヒアルロン酸は分子が大きな成分で、肌のバリア機能を通過できず肌表面にとどまります。
肌の奥に届けるなら、ナノ化した成分を選ぶとよいでしょう。

セラミドは油溶性の成分で、化粧水には混ざりにくい性質があります。
化粧水に配合されている場合、界面活性剤を多量に使用している可能性があるので注意をしてください。

シミやたるみが気になるなら、ビタミンC誘導体がおすすめです。

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ、すでにできてしまったメラニンを薄くする、コラーゲンの生成を促すなどの働きがあります。
コラーゲンを化粧品で補っても肌の奥に浸透をしないので、肌のコラーゲンは増えません。

しかし、ビタミンC誘導体は浸透力が高く、コラーゲンの生成に役立ちます。
シミの予防効果がある成分には、プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、プラセンタ、コウジ酸、アスタキサンチン、などがあります。すでにできてしまったシミを薄くする力はありませんが、シミを防ぐ働きをしてくれます。

最近注目されている成分がプロテオグリカンです。
プロテオグリカンは、皮膚や軟骨に存在している成分で、肌ではハリや潤いを保つ働きをしています。
化粧品やサプリメントにも使用されています。

以前はとても希少だったのですが、近年はサケの鼻軟骨から効率的に抽出できるようになり、化粧品にも一般的に使われるようになっています。
肌のプロテオグリカンは、真皮層に多く存在しています。ヒアルロン酸などと共に潤いを保ち、コラーゲンやエラスチンのすき間を埋めてハリを保ちます。保水力が高いことが特徴で、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があります。

また、抗炎症作用や抗酸化作用も発揮します。
もともと人の体内に存在する成分なので、高い親和性があります。アレルギーが心配な方にもおすすめの成分です。

エイジングケアにおすすめの化粧品

先ほど、洗顔の所で、肌をこすらないように!って書きました。
本来は、なるべく肌に触れる回数が少ない方が良いと言われています。

肌に刺激を与えない方が良いのです。

だったら、オールインワン化粧品の方が良いと考えます。

私が使った化粧品の中で、おすすめのオールインワン化粧品を紹介します。
 まずプロテオグリカン配合の、化粧品「フルアクレフ(Flua Clef)

女優さんも使用している今話題の「フルアクレフ(Flua Clef)」です。
2017年(今年です)のモンドセレクション受賞しました。

手のひらにとって、肌に軽く押しつけるように塗ります。
手の平に肌が吸い付くような感じがします。
そして、もちもちっとした肌になります。

良い化粧品探している方には、満足する方多いと思います。

送料のみ650円でお試しできます。
しかし、申し込み時は今、流行の定期購入になっています。
そして約2週間後には、本製品が、届きますのでSTOPしたい場合は、早めに電話連絡してください。
間違いなく、最初のお試しだけでSTOPできます。安心してお申込みしてください。

オールインワンゲルでプチプラ感覚のコスメは?

今、特に30代の女性に人気の化粧品として「メディプラスゲル」の名前が出てきます。
オールインワンゲルの中ではトップクラスです。スキンケアがとても楽です。

定期購入で初回は、2.996円1本2か月持ちますから、1か月あたり1.498円ととってもお手頃価格です。

しかも1回で済むので、楽!

その注目の成分は「セラミド」です。ライン使いの化粧品も「セラミド」は注目です。

メディプラスゲルを使うメリットは?プチプラと簡単スキンケア

30代からの肌は、気を使わないと、サボっただけそのしわ寄せが30代後半から40代50代と影響が出てきます
スキンケアは、若いうちからちゃんと行っている人は、30代~40代になっても肌がきれいな人が多いと言います。

はい!30代のあなたは、ここでスキンケアをサボると、年齢肌に戻すのに大変な思いをするようですよ。

さてなぜ、メディプラスゲルは人気があるのでしょうか?
それは、メリットがあるから。
そのメリットとは?

それは最初に述べたように、「お手頃価格なのに、乾燥肌だった私が、メディプラスゲルを使用してから、モチモチっとしてきた」という口コミがすべてを表しています。

ゲル状なので、化粧水と違って、すぐに消えてしまわない。だからいつまでもふっくらモチモチ。

肌が締まってきた感じだから、たるみが防げるかな?
エイジングケアにもってこい!です。

某化粧品のカウンターで、油分・水分を測ってもらったら量は足りてました。
まあ、この感じでは大丈夫だと思いましたが。

ただ欠点と言えば、ちょっとテカリの時間が気になるかな?引くまでちょっとだけですが待ちます。
でも馴染んだ後もふっくらモチモチです(*^^)v

以前の口コミ見てたら「ダマ」が出来るって書いてあって、その後改善されて、できなくなったそうです。
もちろん私は使ってて「ダマ」は出来ませんでした。
化粧のノリも良いです。

それにオールインワン化粧品だから、お手入れが簡単!楽!

スキンケア、面倒だな!でもしないとね!って方にピッタリだと思います。
急なお泊りにも、GOODです。

メディプラスゲルはオールインワン。そのメリットは?

オールインワンのメリットは、スキンケアに掛ける時間が少なくて済む。
めんどくさくない。
だから忙しい女性にはもってこい!というイメージがあります。

スキンケアに掛ける時間が短いことでのメリットがもう一つあるのですよ。

肌は、なるべくなら刺激を与えない方が良い!これは分かりますよね。
昔は、化粧水などは、肌にパンパンとたたきつけていました。

でも今はどうですか? 肌に軽く押さえつけるようにしますよね。
これは肌に刺激を与えないように!って言うことが浸透してきたからです。

そして、オールインワンと、ライン使い。どちらが肌に触れる機会が少ないですか?
オールインワン化粧品ですよね。

肌に触れる機会は、オールインワンは、通常のスキンケアの20分の1で済むんです。(メディプラスゲルの会社調べ)

つまりオールインワンゲルは、なるべく刺激を肌に与えずに、とても肌に優しいということなんですね。

メディプラスゲルは品質が認められて、3年連続モンドセレクション金賞受賞。

モンドセレクション3年連続金賞受賞しています。(2013年~2015年)

また30代向けの雑誌に続々紹介されています。

女性誌に掲載されているのは、注目のバロメーターです。

メディプラスゲルは、プチプラ 初回は1,000円引きで試せます

定期購入にはなっていますが、いつでも中止できます。

だから、初回は、本体3,996円(税込)の、1,000円引きで、2,996円(送料込・2か月分)1か月当たり、1,498円でお試しできると考えてください。

ただ2回目(2か月先)からは3,796円になります。 でも1か月分にしたら、1,898円。お得な値段ですね。

そうそう、美容成分は「高濃度セラミド」だけではないですよ。

肌にはとっても大事な「コラーゲン「ヒアルロン酸」「ビタミンC」「プラセンタ」その他計66種類の美容成分が入っています。詳しくは公式サイトに全成分書いてあります。ご覧になってください。

もう600万本も売れてるんですって!

メディプラスゲルの主要美容成分はセラミド

一番の理由は、成分に「セラミド」が使われているから。メディプラスゲルは「高濃度セラミド」と謳っています。

「セラミド」の何が良いかというと、表皮(肌の表面)にバリア機能ができるから。
表皮が防波堤の役目をして、肌の中の水分と、外の外部刺激が行き来しないから。

つまり、外部刺激(紫外線や花粉、空気の乾燥)窓から肌内部を守り、肌内部の水分を蒸散させない働きがあります。
また肌内部のコラーゲンに作用すると言われています。
だからいつも肌が潤っています。

赤ちゃんの時はとても多くのセラミドが肌の中に含まれています。だからお肌がプルプル。弾力も出てきます。
しかし年齢と共に、「セラミド」は体の中から減っていきます。 だから補わなくてはいけないのです。

また、肌に良くない余分な成分は使っていません。

最強保湿成分であるセラミドについて

肌の乾燥やしわができる事を防ぐために様々な保湿成分が含まれた化粧品が販売されていますがたくさんの種類がある保湿成分の中でも特に保湿効果が高く保湿化粧品の中に含まれていることが多いのがセラミドです。

たくさんある保湿成分の中でもセラミドが最強の保湿成分と言われているのは他の保湿成分よりも分子が細かいため肌の奥まで浸透していき肌を乾燥から守り保湿してくれます。
それだけでなく肌内部の角質層で水分や油分を抱え込んでくれる役割を果たしてくれるからです。

他の保湿成分も肌に浸透はしていきますが分子が大きい保湿成分は肌、皮膚の内部まで浸透していかないため保湿する部分が肌の表面のみとなってしまうので本来、肌の乾燥を防ぐために肌の内部まで水分や油分を送る働きができないため肌の内部まで成分が浸透していくセラミドこそが真の最強保湿成分と言われている理由です。

元々セラミドは人間の肌に含まれている成分ですが若い頃はたっぷり肌にありプルプルとしたお肌を保つことができますが加齢やストレス、環境などによってセラミドは肌からどんどん減っていきセラミドが不足することによって潤いをなくした肌は乾燥ししわやたるみほうれい線などが目立ち、できやすいな肌になってしまいます。

セラミドは肌の内部、奥まで浸透していき水分や油分が肌から蒸発しないように守ってくれる働きもあるのでセラミド入りの化粧水や美容液、クリームなどをスキンケアで使用することによって乾燥していた肌は潤い水分や油分を抱え込んでくれるため肌の乾燥を防ぎしわやたるみを予防してくれます。

とても肌に浸透しやすいので化粧品に含まれていることも多いセラミドですがセラミド入りの化粧品を使用するのではなくセラミドの原液を購入して毎日使用している化粧品に混ぜてスキンケアを行うことでセラミドの量も好きなだけ入れることができ自分だけのオリジナルセラミド化粧品を作りスキンケアを行うことができます。

また、セラミドと同じように保湿効果の高い成分であるヒアルロン酸をセラミドと一緒にスキンケアで使用することで保湿効果が高まることはもちろん肌にハリを与え柔らかで弾力性のある肌になることができるのでより潤いのある肌を目指している時にはぜひセラミドと共にヒアルロン酸をスキンケアで使用することがお勧めです。

様々な化粧品が販売されたくさんの保湿成分が含まれた化粧品が販売されていますがセラミドほど保湿力が高い成分は他にないので乾燥やしわなどの肌の悩みが改善しない、できない時にはぜひセラミドが含まれた化粧品やセラミドの原液を使用して柔らかで潤いのある肌を目指しましょう。

腸内フローラと美肌との関係は?

最近女性誌でよく見かける言葉、腸内フローラってご存知ですか?
フローラなんてなんだか可愛らしい名前ですよね。

便秘が肌に与える影響を考えます。
実は私たちの腸の中には、約600兆個以上の細菌が生きているそうです。

人によって合う乳酸菌が違う!
だから16種類もの乳酸菌。腸で働くサポート食品!

その細菌たちが顕微鏡などで見るとまるでお花畑のように見えることから腸内のお花畑、フローラと呼ばれてるそうです。
今、ダイエット効果美肌になる!と女性誌などでは腸内フローラの特集が多く組まれています。

そもそも美肌とは?

さて、女性としてはやはり気になる美肌になる!という言葉。
美肌と言えば、どんな肌をイメージしますか?

私は、色白で透明感あふれるツヤツヤな肌をイメージします。
しかし実際の私の肌は、いつでも調子が良いわけではなく、寝不足すればくすむし、荒れるし、カサカサするし、、、と美肌には程遠い状態です。

一体どのようなケアすれば美肌に近付けるのでしょうか?

以前、美容部員さんに綺麗なお肌には『う・な・は・た・け』が大切だと教えてもらいました。
うなはたけ?とは一体なんでしょうか?
実はここに美肌になれるヒントが隠されています。

「う」は潤い。
潤いに溢れた肌はそれだけでツヤがあり輝いて見えます。

「な」はなめらかさ。
なめらかでザラつきのないキメの整った肌です。

「は」はハリ。
ハリのある肌は若々しく美しく見えますよね。

「た」は弾力。
指で触るとプリっと感じる弾力。
まくらの跡が残るようになったのはいつ頃でしょうか、、、。

「け」は血色感。
くすみのない明るい肌は生き生きとその人を綺麗に見せてくれます。
この五つがあるのがまさに綾瀬はるかさんのような肌だそうです。

それを聞いてからは、常に「うなはたけ」を意識してスキンケアするようにしています。

例えば顔色がくすんでいる時は、潤いと血色感不足が主な原因です。
そんな時は潤い補給がすぐにできるシートパックや血行促進するマッサージなどをスペシャルケアとして取り入れます。
最近では炭酸美容が流行っていましたが、炭酸も血行促進にとってもお勧めです。

ザラつきや毛穴が気になる時は、なめらかさとハリ、弾力が不足していることが原因です。

ピーリング効果のある化粧品を使ったり、コラーゲンやエラスチンなどを増やしてくれる真皮からのエイジングケアも効果的です。
ピーリングでいらない古い角質が除去でき、ターンオーバーが正常になることによって毛穴つまりも解消できます。

更に内側からハリのあるお肌になれば、キメがふっくらと整うので毛穴自体が目立たなくなるんですよ。

よく肌質は変わらない、遺伝だし、、、と諦めてしまう人もいるようですが、実は肌は遺伝が20%、残りの80%は生活環境に影響されるそうです。

生活環境は、例えば日焼け、タバコや大気汚染、お手入れ不足、食べ物など、ちょっと気をつければいいことが、憧れの美肌になるかトラブル肌になるか、の別れ道なんです。

「うなはたけ」を覚えておくと、自分の肌の調子が悪くなった時に自分でぴったりのケアがすぐに出来るので便利ですよ。
早めのケアでトラブルを大きくすることなく、美肌をキープできるようになります。

うなはたけは美肌の合言葉です。
ぜひ覚えておきましょう!

便秘がダイエットに与える影響と肌への影響は?

そして、もう一つ気になるダイエットにも良いとの言葉。
なぜ腸内フローラが整うとダイエット効果があるのでしょうか?

これはやはり、ダイエットの大敵、便秘が解消できるという部分が大きいようです。

便秘持ちとしては、出ないのが当たり前、しょうがないと思いがちですが、実は大変身体に良くないんです。

私たちの身体の毒素や老廃物は、約75%が便となって排出されています。
しかし、便秘の身体では、毒素はうまく排出されずに体内に再び毒素が回ってしまいます。

そのため、体内の毒素を解毒してくれる肝臓に再び毒素が回され、肝臓が疲れてしまうそうです。
肝臓は身体にとって大事な器官で、肝臓に負担がかかると、むくみやだるさ、顔色の悪さなどに現れてしまいます。

さらに便が滞っている腸内は血流が悪くなるので、せっかくの栄養が吸収できないという悪循環も同時に起こります。

せっかく食べ物やサプリなどで体に良い栄養を取ったとしても、吸収できなくなってしまうんです。
良い栄養は吸収されずに、毒素だけが体内をめぐってるなんてとても怖いですよね。

便秘だとなんだか体調が悪い、、、というのは気のせいではなかったんです。
便秘は美容やダイエットだけではなく、健康にも悪影響を与えています。

でも、下剤には頼りたくないし、色んな便秘解消法をやったけどなかなか解消されなかったし、、、という方も多いのではないでしょうか?
そこで、腸内フローラが今注目されているんです。

便秘改善には腸内フローラ

腸内には、善玉菌悪玉菌、そして日和見菌と呼ばれる善玉、悪玉、どちらにもなれる菌が存在しています。
便秘解消にはまず悪玉菌を減らすこと、それと日和見菌を善玉菌の味方に変えること。
この二つが大事なんです。

善玉菌=ビフィズス菌やその他多くの乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌

悪玉菌を減らすには、脂っぽい食事などは控えて食物繊維たっぷりの野菜をしっかり食べること。

さらに善玉菌にはオリゴ糖や乳酸菌などでしっかり栄養を与えます。
また発酵食品もとても腸には良いそうです。

日本人の私たちには馴染み深い味噌汁や納豆も善玉菌を増やすにはぴったりです。
最近では腸内フローラを良い状態に保つサプリメントも多く売られています。

腸内フローラの善玉菌を増やして、便秘を解消すれば新陳代謝も上がり自然とダイエット効果が現れるそうです。

悩みの便秘も解消できて、肌がきれいになって、さらにダイエット効果が期待できるとなれば
女性には嬉しいことづくめですよね!

3-2

腸内フローラが乱れると?

では腸内フローラが乱れ、便秘になってしまうと私たちの肌にはどんなことが起こるのでしょうか?
体内を排出できなかった毒素がめぐるので、血流が悪くなり、血行不良によるむくみ、くすみが起きてしまいます。

その結果、酸素と栄養が細胞の隅々まで行きわたらないので、健康な細胞が作られにくくなり、肌が乾燥したり、逆に脂っぽくなったりとアンバランスな状態になります。

肌色がくすみがちになり、大人ニキビが出るのに頬の辺りはカサカサする、、、。
そんな状態になってしまうんです。

また便秘でストレスを感じると、それだけで細胞が酸化してしまい、肌内部からエイジングダメージが進んでしまいます。

肌のターンオーバーも乱れてしまい、バリア機能が低下することによってトラブルが出やすく、治りにくいという悪循環が起こってしまうのです。

良いスキンケア使ってるのになんで効果が出ないんだろう、と悩んでいる方は便秘していませんか?

どんなに良い化粧品を使ったり、高級な美容ドリンクを飲んだとしても、いらないものを体内に残したままでは効果は発揮できないんです。

美肌は美腸から!と言う言葉もあるほど、腸と美肌は切り離せない重要なつながりがあります。

便秘解消は、本来は食事と運動から

健康的な食事と適度な運動、規則正しい生活を心がけていけば、自然と腸内フローラは整っていき、便秘は解消されていきます。

便秘が解消されれば、血流が良くなり、栄養もしっかり吸収できる体になるので若返りまで期待できるそうですよ。
特に女性は便秘になりやすいそうです。

もう当たり前のことだから、、、と諦めずに、腸内フローラを整えてあげましょう。
食事・運動がままならない方は、サプリメントも一つの方法です。

肌トラブルに悩み、スキンケアを見直すことも大事ですが、それだけでは美肌にはなかなかなれません。
腸内フローラを整える腸活をして体の内側から輝く女性を目指していきましょう!

注目

3大乳酸菌「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「ガゼリ菌」含めた16種類の乳酸菌配合の「乳酸菌革命
ヨーグルトなど乳製品とってもダメだった方は、試されるといいと思います。

それは、人によって、合う乳酸菌が違うと言われています。
だから16種類もの乳酸菌が入った、乳酸菌革命
乳酸菌のエサ、「オリゴ糖」も入っています。

毎朝すっきりしてください。

weight-loss-640

冬の間に痩せたいけど、冬は痩せにくいからダイエット出来ないは嘘!

冬の間に痩せたい、と思った人が最初に考えるのがコレ。

寒い冬の時期は痩せにくいのではないか。

多くの人がそう思っていますよね。

私も冬にダイエットをするまではなんとなくそう思っていました。

寒い時期は脂肪が燃焼しづらいというか、なんとなく痩せにくいイメージを持っている人が多いと思います。

ですが、それは完全なる勘違いです。

冬だからこそ痩せられる!痩せたい人にとって冬はおすすめのダイエット時期

多くの人が勘違いしていますが、実は

夏より冬の方が痩せやすい

のです!
夏の暑い時期は汗をたくさんかくし、なんとなく脂肪が減っていきやすいイメージがありますが、それも勘違い。

汗をかいて水分を多く出してもそれは脂肪が減ったことにはなりませんし、気温が高くても脂肪が溶けてなくなる訳ではありませんから。

冬は基礎代謝が高くなるから、痩せやすい身体になれる

ダイエットをしようと思った人なら「基礎代謝」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

基礎代謝というのは、人間が日常生活を送るために必要とされるカロリーのこと。

私達が何もしていなくても、身体は呼吸をしたり、体の各部分を動かしたり、体温を調節したりといろんなことをしています。

その動きのために必要なカロリーを基礎代謝といいます。

 

そして、基礎代謝は夏よりも冬の方が多く使われます。

なぜかというと、身体は自動的に体温を一定以上に保とうとするようになっているから。

夏は気温が高いので身体が何もしなくても体温を高くしておくことができますが、冬は寒いため、身体が頑張って体温を上げないといけません。

身体が体温を上げるためにも基礎代謝が使われているので、夏よりも冬の方が基礎代謝量が増えるという訳。

そして、基礎代謝は身体に蓄積されたカロリーを使うことなので、その分痩せられるのです。
(実際の生活はその分以上に食べているから痩せられていないのですが)

「冬は痩せない」というのは単なる思い込みだった

いかがでしょうか。

なんとなく「冬は痩せない」と思っている人が多いですが、実際はそんなことはありません。

身体のことだけに注目すれば、むしろ冬は痩せやすい季節なのです。

ですが、冬は他に痩せにくいポイントも確かにあります。

  • 寒いので身体を動かす気になれない
  • 寒いので外出する機会が減る
  • クリスマス、忘年会、年末年始で食べる量が増える
  • 冬は身体を露出しなくなるため、体型への緊張感が減る

などですね。
こうして見てみると、基礎代謝量が増えても痩せにくい点ばかりのように思えます。

ですが、冬以外の季節でも食べる量が多くなることだってあるし、真夏の暑い時期だって外出する気になれない。

結局どの季節になっても何もしない人は言い訳ばかりで痩せられないのです。

結論。痩せたいなら冬にダイエットするのがおすすめ!

どの季節にダイエットしてもそれぞれメリットとデメリットがありますから、どの季節にやっても同じ結果になるように思えますね。

ですが、冬ダイエット経験者として言わせてもらうなら、ダイエットは冬にするのがおすすめ。
なぜなら、冬の間に痩せた方が、ダイエットが成功したあとに楽しいご褒美が沢山待っているから。

春から夏の間に痩せると、ダイエットに成功したらその後は秋から冬と、厚着してボディラインを隠す服ばかりになってしまいます。

せっかく痩せてきれいになったのにそれではもったいない!
その点、冬の間に痩せると、痩せた後に春と夏がきますから、半袖やノースリーブ、ショートパンツ、実水着を着られるようになれて、「痩せてよかったー!」と一気にテンションが上がります。

そして、薄着になっている間は意地でも太りたくなくなるので、ゆるやかにでもダイエットを続ける気になれて、リバウンドもしにくくなります。

痩せてよかった!と心から実感できて、長い間ダイエットを続けることができるので、冬の間に痩せておくと「痩せ体質」になれるという訳。

最初に書いたように、「冬は痩せにくい」というのは勘違いです。

むしろ、身体的には痩せやすい季節。2016

ですから、ダイエットをスムーズにすすめて、痩せた実感をおおいに味わいたいのであれば冬にダイエットすることをおすすめします。

また体脂肪が気になる方、ファンケルのサプリが評判良いです。

内脂サポート お試しできますよ。

diet-640

冬の間に痩せたいけど、冬ってイベントが多いから食べ過ぎちゃうよ

「冬の間に痩せたい!」という人がぶちあたる壁がこれ。

冬は基礎代謝が上がるために痩せやすい季節です。

にもかかわらず、冬のダイエットがうまくいかないのはこのせいなんですよね。

冬はクリスマスや忘年会、年末年始のイベントが目白押し。

これらのイベントは楽しいし、年末ぐらいはハメを外して騒ぎたい。

冬のイベントには魅力的なものも多いし、普段会わないような人とも年末だけは会えたりすることもあるので、できるだけ参加したいですよね。

 

ですが、イベントごとにはお酒とカロリーの高い食べ物がつきもの。

クリスマスにはケーキとチキンがあるし、忘年会にはお酒を飲みますよね。
(しかも忘年会は一回じゃない人も多いし!)

なのでイベントが続く冬には、摂取カロリーが多くなってしまいがちなのです。

また、イベントの時に食べまくってしまうだけではなく、年末年始は基本的にお休みなので身体を動かす機会も少なくなります。

つまり、摂取カロリーは増えるのに消費カロリーは減るため、冬は太りやすくなるという訳。

 

冬に痩せたいと思ったけど、やっぱり冬はダイエットに向かない?

冬に痩せたいと思ってダイエットを始めても、挫折して食べまくってしまうのは、冬にイベントごとが多いことが原因の一つとなっています。

イベントに参加しても食べ過ぎなければいい、と頭では分かっていても、クリスマスパーティや忘年会、新年会、お正月に食べるごちそう、などはとても魅力的。

一年に一回のこんなに楽しい時期に食べる美味しいものを一人で我慢するのは相当難しいことですからね。

まわりが食べているのに自分だけ少なく食べて我慢するなんて、なかなかできません。

それに、年末年始のお正月ムードの中、運動をするなんて気にもなれないですから、確かに冬はダイエットには向いてない時期に思えますよね。

 

痩せやすい冬だからこそ、摂取カロリーを少なくするだけで効果はある!

ですが、痩せたいという気持ちがあるのなら、痩せやすい冬に何もしないのはもったいない!

何度も書いていますが身体的には冬は痩せやすい季節なのですから、少しダイエットの意識を持つだけで大きく変わってきます。

食べ物を我慢できない、運動もしない、というのであれば、他の方法でダイエットすればいいのです。

摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなれば痩せられるので、この法則さえ守ればダイエットは成功します。

 

寒い冬は運動をしたくならないので(笑)、消費カロリーを増やすのは難しい。

摂取カロリーを減らすために食べたいものを我慢するのもイベント時期は難しいですよね。

ですが、もうひとつ、摂取カロリーを減らす方法があるのです。

それは、カロリーをカットしてくれるサプリメントを飲むこと。

カロリーカットサプリメントはその名前の通り、食べたカロリーの一部をカットしてくれるもの。

体内で食べたものの脂肪と糖の吸収を抑えてくれるので、脂っこいものや甘いものを食べても、その一部のカロリーはなかったことになるのです。

(あくまで一部のカロリーをカットするだけで、食べた全てのカロリーではないので、できるだけ自分でも食べる量を控えるようにするとさらに効果的に!)

FANCL 大人のカロリミット お試しができますよ。

私も年末年始の食事の前にカロリーカットサプリメントを飲んでいたら、それだけでダイエットがスムーズにできました。

飲むだけでカロリーをなかったことにしてくれるサプリメントなんて魔法のようですが、実際に研究されて効果も実証済み。

年末年始のイベント時期に我慢することなく簡単に続けられるダイエットなので、冬に痩せたいのであれば、取り入れたいアイテムです

美肌の秘訣は何!あの頃の自分に戻りたい!

ハリのあるすべすべのお肌の女性はとても魅力的ですよね。何歳になっても若く見られる方の共通点は“お肌が綺麗なこと”だと思いませんか?
シワ、くすみ、たるみなどが少なくツヤがある、そんな肌はいつまでも女性を若く美しく見せてくれます。

ですが肌の細胞が年齢を重ねるにつれて劣化してしまうのは事実です。何のケアもしていなければ当然そのまま肌の老化は進んでしまいます。
それを食い止めるために、日々の習慣を少しずつ変えていきましょう!ここでは若い肌になれる秘訣をご紹介します。

若い肌になりたい!

肌にハリがない、弾力がなくたるんできた、目元のしわが目立ってきた…

そもそもこのような肌の老化はどうして起こるのでしょうか。それは年齢とともに体の中で作られるコラーゲン、セラミドなどの量が減っていってしまうからです。

10代、20代だとまだ細胞がしっかりと作られていたため、日焼けしても元に戻るのが早かったり、特に高い化粧水を使っているわけでもないのにピンとしたハリとツヤがあります。ところが30代、40代になってくると体の中の肌の潤い成分がだんだんと減っていき、肌をバリアする機能がなくなります。そうすると肌に水分を保つことが難しくなり、さらに外からの刺激で傷んだ肌をうまく回復させることができなくなるのです。

いわゆる「バリア機能」がなくなるということです。

これがつまり肌が老化するということです。また肌の老化を早めてしまうのは年齢だけではありません。普段生活している中にも、肌の細胞を弱らせる行動があります。それらを改善することが若い肌になるための秘訣です。

若い肌になる秘訣は?

“減っていく美容成分と水分を外側から補給してあげること”そして“肌を老化させない習慣をつけること”この2つがポイントとなります。では具体的にどんなことが挙げられるでしょうか。

紫外線対策

紫外線は肌の表面を日焼けさせるだけではなく肌の奥まで浸透し、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞にダメージを与えます。その結果シワやくすみができやすくなってしまうのです。外出する際は必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。汗などで取れてしまいますのでこまめに塗り直すことを忘れずに!帽子や日傘で紫外線が直接当たらないようにすることも大切です。

食事で老化防止

甘いものや揚げ物などの食べ過ぎは体の中の活性酸素を増やし、体の老化を早めます。もちろん肌の細胞もダメージを受けます。脂質や糖分のとり過ぎは注意しましょう。そして抗酸化作用のある食品を積極的に食事に取り入れていきましょう。体の老化を防いでくれます。

◆ビタミンC…ブロッコリー、パプリカ、ほうれん草、じゃが芋、柑橘系の果物、ベリー類などに含まれます。抗酸化作用がある他にコラーゲンを作る材料にもなり、シミ予防などにも効果的です。

◆ビタミンE…若返りビタミンとも言われ、カボチャ、たらこ、アボカド、アーモンドに多く含まれます。

◆大豆イソフラボン…豆腐、豆乳、おから、味噌、納豆などの大豆製品に多く含まれます。女性ホルモンも増やしてくれるので美肌にとても効果的な食材です。

◆ポリフェノール…ワインや高カカオのチョコレートなどに含まれます。ただしこれらには糖分も含みますので食べ過ぎには注意してくださいね。これ、良い本でした!

質のいい睡眠をとる

肌は寝ている間に綺麗になります。昼間受けたダメージが回復し、さらに古い角質が落ちて新しい綺麗な肌に生まれ変わります。これをターンオーバーと言います。特に22時~2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯に質のいい睡眠をとることでターンオーバーをしっかりと行うことができ若々しい肌をつくることができます。

ストレスを溜めない

ストレスを強く感じると自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌がうまくできなくなります。女性ホルモンは美しい髪や肌、女性らしいボディーラインを作るのに欠かせないホルモンです。普段からストレスを溜めない工夫をしましょう。友達と食事をする、電話をする、趣味に没頭するなど、自分に合ったストレス解消法を用意しておきましょう。また笑う回数が増えることで表情筋も鍛えられて若々しさもアップします。

過度なダイエットはNG

食べ過ぎは肌を老化させますが、実は食べなさ過ぎも良くありません。なぜなら肌に栄養が行き渡らないからです。美肌に欠かせないビタミン類、コラーゲンの材料になるたんぱく質が不足すると肌を若く保つ力がなくなってしまいます。特にダイエット中は油分を避けがちですが、全くとらないと肌が乾燥しシワの原因になります。オリーブオイルやごま油など質のいい油を少量取り入れて、適度に潤いのある肌を目指しましょう。

保湿

肌が乾燥することでシワやたるみができやすくなります。洗顔後は化粧水などでしっかりと保湿し潤いを与えてあげることが大切です。年齢とともに減っていくコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが配合された化粧水がおススメです。乾燥がひどい方は少量ずつ重ねづけするといいですよ。ある程度肌が落ち着いてきたら乳液やクリームなどで蓋をして水分を肌に閉じ込めましょう。

若い肌になるためのスキンケア

若い肌になるための秘訣に“保湿”がありましたが何をどのようにつけるかも重要になります。またその前の洗顔・クレンジングも同じくらい大切です。間違ったスキンケアを続けていると肌に負担をかけて老化を早めてしまうことも…。正しいスキンケアのポイントを押さえて若々しい肌を手に入れましょう!

肌をこすり過ぎない

化粧や汚れを落とそうとゴシゴシこすり過ぎてはいませんか?肌の表面はとても薄くできているので一生懸命洗いすぎると肌を傷めてしまいます。さらに洗顔料やクレンジング剤は汚れだけではなく肌の潤いに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。こすって落とすのではなく、優しく洗顔料やオイル・クリームなどを肌になじませるような感覚で洗いましょう。

もし、大人ニキビなどが出来てしまったら早めのケアが大切です。
無添加コスメのファンケル アクネケア お試ししてよかったので、ニキビが気になる方は、使ってみてもいいでしょう。

 

化粧水を叩きこまない

肌に化粧水を浸透させるために叩き込むのもNGです。化粧水をつけた手のひらで顔を覆うようにし、ゆっくり優しく押さえていきます。目元や口周りは特に皮膚が薄くできていて乾燥しやすいので他の箇所より少し多めにつけるといいでしょう。

そして何より大切なのは自分に合った化粧水を選ぶことです。化粧水、乳液だけではなく美容液やクリームなど種類がいろいろありますから試してみましょう。

保湿はしっかりしたいけど、時間をかけてたくさん塗るのは大変だしお金もかかるし…とお思いの方にはオールインワンスキンケアをおススメします。
メディプラスゲル”という商品をご存知ですか?メディプラスゲルは一つで化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を果たしてくれます。

高濃度のセラミドや55種類もの美容成分が配合され、さらにその成分を肌に浸透させるためにミネラルをたくさん含んだ温泉水を使用して作られています。
手軽に使えてしかもしっかりと保湿ができるのは魅力的ですよね。香料や着色料も入っていませんので肌への刺激も少ないですし、価格も2か月分で3996円と安価です。
返金保証もついていますので一度試してみてはいかがでしょうか。

★まとめ若い肌になるためのまとめ

若い肌になるには日々の習慣が大切です。エステやクリニックなどの治療で高額な費用をかけなくても、毎日の生活の中にちょっとした変化をつけることで肌にも変化が表れます。若い肌になる秘訣を意識して少しずつ実践していきましょう。

いつまでも若々しい肌を保つには食事などの生活習慣が重要!

40代後半の主婦の方の体験談です。

40代後半の主婦です。
肌が若い女性って、生活習慣が大きく影響しているんですね。

私は普段、特に意識してこだわりの化粧品を使ったりアンチエイジングや美容法を心掛けている訳ではないのですが、何故かどこに行っても、老若男女誰に聞いても実年齢よりも10歳くらい若く見られます。つまり35、6歳にみられるのです。本当です。

例をあげますと、子供の学校の先生、初対面の美容師さん、初対面の車の営業マン、近所の奥さん等々、日常生活で出会う色んな人達です。
美容師さんや車の営業マンは、職業柄、お客さんにお世辞を言って喜んでもらう必要があるので、ちょっと話を大げさに言っておられる部分があるのかも知れませんが、それでも年齢を10歳も若く見積もったりはしないですよね普通。

今から数年前、私がちょうど40歳になった時、自治体の検診制度を使って大腸がん検診を受けようと、無料クーポンを持って近所の婦人科診療所に行ったときは、受付でいきなり「この無料検診はね、40歳にならないと受けられないんですよ。」と断られてしまいました。保険証を出して自分の年齢を見せると、その受付の方はちょっとエッという表情をして「最初にお顔を見て、とても40歳には見えなかったので、、、」と言っておられました。
自分は本当に若く見られているんだなと実感した瞬間でした。嬉しかったです

さて、こんな私が日々の生活で気を付けていること。
それはまず第一に「規則正しくバランスのよい食生活を心掛ける」ことです。

30代を過ぎたころから人はどんどん基礎代謝が落ちてきて太りやすくなるので、つい無理なダイエットをしてみたり妙な健康食品を購入したり、高価な美肌クリームを肌にぬってみたりと、そういうお金のかかる事に頼ってみようとしがちですが、私は今までダイエットをしたこともサプリに頼ったことも、高い美容液を買ったことも一度もありません。

では具体的に何をしているかですが、なるべく新鮮な旬の野菜を毎日食べる。
朝昼晩、決まった時間に一日三回しっかり食べる。
肉も食べるけど、それと同じくらいに魚も食べる。バランスよく何でも食べる。
野菜が高くて買うのがためらわれる時は、いつでも安い納豆ともやしとキノコを買ってきて食べる。

牛乳やヨーグルト等の乳製品を毎日摂取する。
食事についてはこれで完璧です。お通じもよくなります。

よく漁師町の奥様方はお肌がつるつるで皆さん若々しいと言いますよね?あれは、新鮮なお魚を毎日いっぱい食べておられるからなんですよ。漁師の方は大抵近くで畑も耕しておられるので、新鮮なお野菜もきっと毎日食べているのでしょう。

やはり、健康なお肌はカラダの中から作られるのだと私は信じています。
テレビなどで漁師の奥さん達を見ると、お顔にしわやたるみが殆どなくて肌にハリがありますね。
40代後半の私も目尻のシワは全くありません。
ほうれい線もさほど気にならないので、やはりそれが若く見られる一番の理由なのだと自分では思っています。

あとは、体重や体型を気にして痩せすぎるのもお肌には良くないですね。10代の女の子なら大丈夫なのかも知れませんが、中年女性のダイエットはほどほどにしておかないと、お肌が栄養不足になってカサカサ、シワシワになってしまいます。

劣化の一途をたどるだけ、本末転倒です。
もちろん、太り過ぎは健康に悪いですから、標準体重の範囲内であるのなら、少しばかり体重が増えたの減ったのと、体重計の上で一喜一憂するのはもうやめてしまった方がいいです。
それがストレスになりますから。

ちなみに私は、体重計ではなく普段はいているボトムがきついかどうかで自分の体重を判断しています。これくらいでちょうどいいと思います。

ストレスは体調のみならず美容にも大敵です。
ストレスをためて眠れなくなり、睡眠不足が続くと目の下にクマが出来てしまって朝からむくみ顔になってしまうし大変です。
隠しようがありませんからね。

そして、よく眠るためには毎日の運動が大事です。
無理な運動は続かないので、とにかく歩くことを心掛けて下さい。
いつも自転車でいくスーパーに歩いて行ってみて下さい。
私はマンションのエレベーターをなるべく使わず、階段で自分の居住階までのぼるようにしています。
駅などでもなるべく階段を使うようにしています。

規則正しい生活、バランスのよい食事、適度な運動。
そしてよく笑う。

これらを心掛けるだけで必ず若返りますよ。
お肌も身体もココロも健康になること間違いないです。
当たり前のことを当たり前に出来るように、ぜひ習慣化してみて下さいね。
お金はあまりかかりません。

肌年齢が大事!アンチエイジングケアのサプリや化粧品はこれ!

肌年齢、気になりますよね。
私も年齢と共に、肌の老化で、鏡を見るのがだんだんいやになってきます。
肌年齢の回復方法は運動と睡眠?
なかなか難しい場合は、体に栄養を食事やサプリで摂って、お肌の手入れを化粧品でしっかりすると、肌年齢は回復していきます。
はい!鏡を見るのが楽しくなってきます。

肌年齢を回復したい!

肌年齢を回復したい!あとで、サプリや化粧品紹介しますが、一番良いのは、運動をすることだと思っています。
身体を動かすことが一番だと!

もう一つは睡眠。体を動かせば自然な睡眠がとれますし、できれば7時間は寝たいですね。
そして寝るのは22:00~2:00のゴールデンタイムと呼ばれる時間。
肌のターンオーバーが、よりよくおこなわれます。

睡眠を侮ってはいけません。
病気をしたら、薬なんかいらない。十分に睡眠をとれば治る!と言われています。
風邪をひいたら熱や咳が出ます。

それは自分の体が、風邪のウィルスと闘ってる証拠です。
熱で細菌を殺し、咳で細菌を外に出そうとする。だから体力を付けるために睡眠が大事なんです。
薬飲まなくても、4日くらい寝ていれば治りますね。

自然治癒力大事ですよ。

薬で熱を下げない方が良いといわれています。(高熱の場合は、病院に行った方が良いですが・・・)
それでもあとは寝て待つんです。

自然治癒力というのが、栄養を摂る食事につながるんです。
食べ物についてはこの後書いていきます。

まず運動!、運動すると血液の循環が良くなり汗をかくことによって、身体の毒を排出し、体の中の必要な成分を体が作りだします。いわゆる新陳代謝です。
これが一番の流れです。

定期的にスポーツジムなどに通えるのが一番良いのですが(エアロビクスなんか良いですよ)、出来なければウォーキングや散歩もやらないよりは、やった方が確実に良いです。
15分でもやらないよりはやった方が良いです。

ウォーキングも4~50分やらないと!って決めてしまうと、だんだん面倒になってきます。続きません。
決めてできる方はどんどんやってください。新陳代謝が良くなります。
でもそれが自分でプレッシャーになるくらいなら、ちょっと15分ほど歩いて来よう!でも、やらないよりやった方が良いんです。そのくらいの方が、時間を見つけて続けることができます。

運動することによってお腹が減ります。そこで食べたくなるものは、体に必要な成分です。
健康や美容やダイエットに必要な成分です。
これが人間の持っている自然の力なんですね。

で、食べ物です。

食べ物で摂りたい栄養素は、抗酸化作用のある成分が欲しいです。
体の中が酸化すると体がさびていきます。つまり老化していくということです。

老化させないための抗酸化作用があるのが、

ビタミンE

抗酸化作用により肌をみずみずしくし、また紫外線によるメラニンの抑制の働きも有ります。
肌のターンオーバーを助ける働きも有ります。肌や髪の毛がつやつやしてきます。
食べ物としては、アーモンドやピーナッツ。魚類、特に鮎。ウナギの蒲焼、モロヘイヤに、いくらも多く含まれています。

ビタミンC

言わずと知れたビタミンCです。
肌のつやや弾力の元、コラーゲンを作る働きがあります。ビタミンEの抗酸化作用を補助する役割もあります。
食べ物としては、イチゴやパセリ。トマトや、キウイにも多く含まれています。

βカロティン

これも強い抗酸化作用があります。体の中で、ビタミンAに代わります。
ビタミンAは、皮膚の新陳代謝の役割をします。
食べ物としては、緑黄色野菜や果物・・・インゲン豆が良いようですよ。

ビタミンA

食べ物としては、カボチャ・にんじん・パセリなどの色の濃い食べ物に多く含まれます。

ビタミンB2

細胞の再生化の役割があります。
食べ物としては、レバー、イワシ・うなぎ、納豆、卵黄など絵です。

リジン

体の中でコラーゲンを生成します。大切な栄養素です。肌や髪の毛、爪などの生成を促進する働きがあります。
食べ物としては、大豆や落花生。しらすや鰹節、きな粉や蕎麦にも多く含まれます。

コラーゲン

コラーゲンは肌の弾力や潤いの源の栄養素です。美肌の栄養素と言えます。
しかし年齢と共にコラーゲンは減少します。 補っていかないと、ターンオーバーが乱れ、肌が老化していきます。
肌年齢を考えると必ず欲しい栄養素と言えます。
食べ物としては、ふかひれ、鳥の軟骨、牛筋。魚類(サケ、アジ、ブリ、さんまなど)の皮や軟骨。
エビやイカなどの食べ物に多く含まれています。

理想を書きましたが、この運動と睡眠・食べ物(栄養素)を日常化するのは現代社会にとってはとても難しい。

そこでサプリメントや化粧品ということにもなるのですが、まずは肌年齢を知りたいですよね。

肌年齢をチェックする機械

「スキンチェッカー」という機械があります。これで、肌の水分・油分・ハリを簡単測定できます。
参考までに!

肌年齢を改善するためのサプリメントは?

さて、肌に良い成分は誰でも知ってる「コラーゲン」です。

肌年齢の改善には「コラーゲン」を摂ると良いです。

しかしもっとよく効率的に肌年齢を改善するためには、こういうことが言えます。

まずは、

肌年齢改善にはコラーゲン

は、肌にとって大事な成分なのは、皆さんご承知の通りです。
でも私は、アミノ酸を摂っています。
コラーゲンは体内でアミノ酸になってから再合成されるので、アミノ酸が良いです。

さらに、

肌年齢若くするのはアミノ酸

を前面に出したサプリより、「プラセンタ」の方がアミノ酸が多いんですね。医療にも使われています。
美容はもちろん、ダイエットや健康にも、「プラセンタ」がおすすめです。

肌年齢の改善にはプラセンタ

プラセンタは運動するのと同じくらいの新陳代謝が見込めます。だから肌のターンオーバーにもなるし、ダイエットにも一役買います。肌年齢が若返ります。

他に、肝臓の働きを助けて、解毒作用があるといいます。病気に対する抵抗力もできてくるんですね。
プラセンタに含まれるアミノ酸はとっても吸収率が良いので、肌年齢を気にされる方には、特に効果を感じるんではないでしょうか?

肌年齢を改善するための化粧品はこれ!

サプリや食事が体の内側とすると外側からは基礎化粧品です。

肌年齢を改善する化粧品の成分も一番はコラーゲンです。

紹介する化粧品は、「アヤナス」です。
今、通販業界の美容部門では一番人気がある化粧品だと思います。

「アヤナス」は敏感肌用エイジングケアの化粧品です。
そして、作っているのは、ポーラオルビスグループの「ディセンシア」という会社です。ネームバリューも有り安心感があります。

敏感肌用なので、とても肌に優しいです。
優しいから効き目が遅い?いえいえ、かなりすぐに潤いを感じます。

普通肌の方も、使い心地にびっくりします。保湿効果を感じてるんですね。

「アヤナス」は「CVアルギネート」というポーラ研究所のオリジナル成分で、コラーゲンの生成をサポートします。
また、「アヤナス」に配合された、セラミド「ヒト型ナノセラミド」でバリア機能を作り、外敵(乾燥や紫外線・ホコリ)などから肌のコラーゲンを守り、肌の中にある水分の蒸散を防ぎます。

トライアルセットの10日間で、「おお!」という感触を味わえると思います。

また、化粧品との相性は人それぞれです。

肌年齢の若返りは、基本保湿です。

肌年齢のまとめ

最初にお話ししたとおり、できるだけ運動しましょうね。
ウォーキングは4~50分以上しないと効果が無い!とか言われてるみたいですが、
確かに心拍数を上げる必要もあります。でもしないより、15分でもした方が良いです。

踏み台を使った昇降運動でも良いです。これだったら雨の日でも室内で簡単にできますね。

後は栄養を摂って、肌のケアをしてください。きっと鏡を見るのが楽しくなってきます!

そうそう、ファンケル 赤いの お試しできます。こちらも気になっています。

若い肌を維持し続けるために大切な事!

「若い肌になりたい!」とどんな時に思うか?

妊娠・そして出産して、ひと段落した方。

若いころ、安い化粧品を使っていた方。

仕事仕事に追われていて、たいしてスキンケアをしてなかった方。

なんだか今使っている化粧品が肌に合わないな~!効果無いし!

ひと段落して、改めて鏡を見たら!

そう改めて、しげしげと鏡をじっくり見てみたら、自分の肌を見て驚いた!
「なんだ!この荒れた肌は!」という方が、改めて「若い肌になりたい」と思うようです。

若い肌になりたい人は、これに気を付けよう!

良く言われることを最初に上げます。

食事で肌に良いとされる栄養を摂る。

基本は、肉や魚は必須です。また生野菜より温野菜の方が良いです。
そのことを理解しながら・・・

砂糖などの糖分・スナック菓子・甘いドリンク類(微糖コーヒーは実際は微糖では無いです。糖分とても多いです。・コーラ・ジュースなども)とあまり摂らない!

食事でも、油ものや甘いものは肌を酸化させるので、老化が早くなります。

ではどんなものを摂るか?

◆ビタミンC:体の中でコラーゲン生成に役にたつ成分です。ほうれん草やイモ類(ジャガイモがいいですね)ブロッコリーなどに多く含まれます。果物ではイチゴや柑橘系のモノが良いです。

◆ビタミンB群:不足すると疲れやすくなり、代謝や便秘など起こし、肌の再生に影響が出てきます。
意外かもしれませんが、肉(豚肉。ハム・鳥のレバー)魚介類(たらこ・うなぎ・マグロ・かつお)やにんにくや卵黄、納豆などですね。

◆ビタミンE:肌だけでなく、身体全体のアンチエイジングに効果があります。抗酸化作用があるからです。血流も良くなります。積極的に摂取しましょう。体内で生成されないので食事などでしっかり摂りましょう。
アーモンドが一番です! あとは和食に多く含まれます。魚(鮎や鯛)やいくらにも多く含まれます。
ウナギの蒲焼も良いですよ~!うなぎにはほかに、ビタミンA、ビタミンB1・B2・D・カルシウムが多く含まれています。
ビタミンEは乳製品入試某と結合し、吸収率がアップするので、牛乳やヨーグルトと一緒に摂ると効果的です。

◆大豆イソフラボン:女性ホルモンのアップに効果的です。ターンオーバーを加速してくれます。コレステロールを下げます。快眠をもたらせます(肌には大事です)。更年期障害にも良いです。
もちろん大豆。もちろん納豆。きな粉・味噌・醤油・豆乳・油揚げ等々

◆ポリフェノール:メインの効果は、抗酸化作用です。お肌の酸化つまり老化を防ぎます。
お酒を飲める方は、赤ワインがおすすめ。その他、緑茶・ゴマ・大豆・カカオ(ただしチョコレートは糖分が多いので食べ過ぎない事)生姜・りんご等々

◆βカロティン:美肌のは効果のある成分です。肌の新陳代謝を活発にします。
色の鮮やかな野菜・・・特にニンジン! あとはモロヘイヤ・パセリ・かぼちゃ・春菊やほうれん草です。

◆タンパク質:内臓と血液の材料になります。人間の体の基本ですね。肌や髪の毛、爪などの構成成分です。
美肌の元「コラーゲン」もタンパク質の一種で、タンパク質を摂取すれば「コラーゲン」も増えてきます。
動物性タンパク質=肉類(鶏肉・牛肉・豚肉)魚介類(鯵・あさり)乳製品(チーズがいいですね)
植物性タンパク質=豆類(特に大豆)思類(特にジャガイモ)

こうやって見てみると、大豆やジャガイモ肉類魚介類を積極的に摂りたいですね。
ただ肉類は摂りすぎないように・・・悪玉コレステロールが増えると言われていますし、カロリーが高いですね^^

睡眠をしっかりとる

食べ物のほかには睡眠。この2つは美肌の(いや健康の)2大要素と言っても良いと思います。
病気をしたりすると、皆さん薬飲みますが、睡眠を十分とると薬なしでも治ることが多いと聞きます。
風邪をひいて熱が出た。熱はウイルスと闘ってる証拠なので、かなりの高熱でなお限り、薬で下げない方が良いです。
白血球が戦ってくれて、寝ていれば4日ほどで、良くなります。

美肌とはちょっとそれましたが、睡眠は、肌のターンオーバーを正常にするといわれています。
疲れも取れるし(目のクマも取れてきますよね)、睡眠は大事です。

紫外線を浴びない

本当は身体にとって適度に太陽を浴びた方が良いのですが、紫外線はお肌の敵です。
お肌の栄養素を破壊し、肌のバリア機能がなくなります。

バリア機能と言えば、「セラミド」ですね。セラミドがバリア機能を作ってくれるのですが、セラミドが不足していると、紫外線がどんどん肌に入ってきます。
紫外線の肌への影響は、いろんなところに書いてあるので割愛しますが、UVカット、日傘、帽子などで紫外線は防ぎましょう。冬でも紫外線はありますから、それにも注意です。

若い肌を保つ秘訣は?

適度な運動と、スキンケアです。

適度な運動
で、血液の巡りが良くなり、健康にも良いし、お肌にも良い効果を与えます。
ストレス解消にもなって、これもお肌に良い影響を与えます。

スキンケアは、なんといっても保湿です。赤ちゃんの肌はプルンプルンしてみずみずしいですね。
皆さんもこのころは肌の水分がたくさんあったんですよ。

でも年齢と共に肌の水分が減っていきます。

だからスキンケアは大切なんです。

洗顔も大切なので、無添加のファンケル 洗顔パウダー コンビニで買って使っていますよ。

若い肌、美肌の基本は「保湿」です。

先ほども話題にしましたが、肌の保湿の大事成分の一つは「セラミド」です。
「セラミド」を基本にした化粧品は多いです。
肌のバリア機能を作って、外からの攻撃(紫外線やほこり・花粉)から守り、肌内部の水分の蒸散を防ぎます。
その他、独自の成分で人気のある化粧品も有ります。「お米」もキーワードです。

その中でも人気の基礎化粧品をランキングで、こちらに載せています。

これらは人気があるので、もうご存知かと思います。

この化粧品でもなかなか思った程効果を得れない場合は、化粧品の成分を変えてみるのも手です。

1つ今話題の化粧品がありますので紹介します。

某女優さんプロデュースの化粧品です。

若い肌を保つ化粧品は、成分にこだわってみるのも良い方法です。

ここでは、独自の成分で、肌の老化を抑え若い肌を保っていく、エイジングケアの化粧品「フルアクレフ(Flua Clef)」を紹介します。

フルアクレフ(Flua Clef)は2つの成分の特徴があります。

プロテオグリカン

今注目を浴びている美肌成分です。
保湿効果とEGF効果に優れています。

保湿効果があるとされている成分、「ヒアルロン酸」

この「プロテオグリカン」は、ヒアルロン酸の保湿効果の1,3倍あるといわれています。
肌を形成する「タンパク質」と糖分を防ぐ「糖鎖」が結合した成分になります。

実は、美肌の4大要素として「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」「プロテオグリカン」が上げられていました。

でもどうしても「プロテオグリカン」だけは抽出するのが難しかったようです。
何から抽出するかというと。

牛の気管支軟骨から抽出する方法を取ってまして、当初は1g3,000万円と言われていましたので、簡単には化粧品として使えなかったんですね。

しかしサケ鼻軟骨から、質の良い「プロテオグリカン」が取れることが分かり、しかも大量に抽出することができ、これを化粧品の美容成分として使われることになったそうです。

そして「EGF効果」と書きましたが、
「EGF」というのは、ノーベル賞を取った医療に活躍するための成分で。発見当時はこれも1g8,000万円したそうです。「EGF」の効果は、肌の再生化にあり、やけどなどの治療に使われています。

この「プロテオグリカン」配合の化粧品使ってみませんか?

肌の細胞の成長が約3倍ほど促進されるそうです。

胡蝶蘭エキス

胡蝶蘭はご存知ですよね。

長く咲いている花として知られています。(1か月~3か月)
つまり劣化の遅い花と言えますね。
また、花弁が少々傷ついても、一晩で再生されてしまう不思議な花です。

その胡蝶蘭から、劣化の遅い、再生される成分「胡蝶蘭エキス」を抽出し、化粧品に配合されました。

そして、使っているのが、「辺見えみり」さん。39歳です。
アラフォーだというのにまだまだ若いですね~!
お肌もきれいです。

この「フルアクレフ(Flua Clef)」を使った結果が「辺見えみりさん」です。
効果の程がが分かると思います。

この「胡蝶蘭エキス」使ってみませんか?

この2つを配合している化粧品が「フルアクレフ(Flua Clef)」です。

お肌に合うかどうか心配な方、ご安心ください。
初回限定で、送料の650円だけで、10日分お試しができます。

フルアクレフ(Flua Clef)の申し込み方。

よくある定期コースの初回が送料だけで無料なんですが、万一お肌に合わないときは、次回発送(2週間後)の5日前までに解約してください。
最初申し込みした日を「確定日」として届くまでに5日くらいかかります。

ですので、次回発送まで9日となります。次回発送の5日前までにということなので、商品が届いてから4日程しか猶予が無いですのでご注意ください。

でもお肌に合っった場合、良い化粧品なので、これはとてもお得なトライアルとなります。

ほうれい線を予防する方法はあるの?リフトマッサージ?

顔にシワができてくると一気に老けて見えますよね。特にほうれい線は実年齢よりもずっと上に見せてしまいます。年齢を重ねるごとに肌も老化しほうれい線も深くなっていくものですが、もしほうれい線の出具合が年齢の割に早い、あるいは深い気がして気になっているのであれば、その原因は日常生活の中にあるかもしれません。

ここではほうれい線ができてしまう理由に触れながら、すぐにできて効果のある対策と予防法をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ほうれい線が気になる年齢になってしまった

ほうれい線が目立ち始めるのは30代からが多いようです。10~20代の顔にほうれい線が目立たないのは、肌の土台がしっかりとできているから。体の中でコラーゲンが正常に作られ肌の水分量も多くあるのでハリと弾力があり、ほうれい線が目立ちにくい肌質となっています。ですが30代からはコラーゲンの作られる量も減り、それによって乾燥などを引き起こし潤いも保てなくなって目元のシワやほうれい線が目立ってきてしまうのです。

では10代や20代でほうれい線が目立ち始めた場合にはどのような原因が考えられるでしょうか。実はほうれい線は老化だけが原因で出るわけではありません。若い方でもほうれい線になり得る原因が実はあるのです。

間違ったスキンケア

10代の方でもメイクをしている方はいらっしゃると思います。メイクをするということは当然クレンジング洗顔も必要になってきます。メイクを落とすために間違ったスキンケアをしていると乾燥がひどくなる場合があり、ほうれい線を深くしてしまう可能性があります。

クレンジングなら、ファンケル クレンジング マツエクもOKです。

むくみ

むくむということは老廃物が溜まるということです。顔がむくむと脂肪が重みに耐えられずたるんでいき、ほうれい線の溝が深くなって目立ちやすくなります。水分や塩分のとり過ぎ、運動不足、睡眠不足、また前傾姿勢もむくみの原因になります。携帯などに夢中になって前かがみの姿勢をずっととっていることがほうれい線をできやすくしてしまうのです。

目の疲れ

パソコンのし過ぎなどで目の疲れが溜まると、目の周りの筋肉が凝り固まってしまいます。そうなると目の周りの筋肉と口の周りの筋肉を繋ぐ“上唇挙筋”という筋肉も凝り固まり、ほうれい線をできやすくしてしまいます。

表情

年齢関係なく言えることですが、ほうれい線は表情筋が衰えているサインです。口をへの字型に曲げていると顔の筋肉が使われずに衰え、脂肪を上に引っ張り上げることができなくなることからほうれい線をできやすくしてしまいます。

その他に遺伝も考えられます。頬骨が高い人、また顔に脂肪がつきやすくたるみやすい人などは年齢に関係なくほうれい線が目立つことがあるようです。

ほうれい線の消し方は?

目立ってきたほうれい線は顔のエクササイズやマッサージを続けることで解消することができます。ここでは毎日手軽にできるおススメのほうれい線解消メニューをご紹介していきます。

たるみをリフトアップするツボ押し

◆こりょう
目の下、頬骨の少し上にあるツボです。人差し指と中指を使って左右同時にゆっくりと押していきます。5秒くらい軽く押したら指を離します。これを5回繰り返します。上唇を引っ張る筋肉を刺激し、頬のハリを保ちます。

◆地倉
口のすぐ横、口角の外側にあるツボです。人差し指を使って左右同時にゆっくりと押していきます。こちらも5秒を5セット行ってください。口角をアップさせ顔のむくみを解消できます。

◆下関
頬骨の耳の付け根のすぐ横あたり(口を開けたときに少しへこむ部分)を人差し指で軽く持ち上げるように押していきます。こちらも5秒5セット。血流を良くし、筋肉を引き上げます。

表情筋を鍛えるエクササイズ

◆簡単3ステップエクササイズ

1. 指を使って口の中をマッサージする。(ほうれい線を内側から伸ばすようなイメージで)
2. を膨らませたりすぼめたりしてほうれい線を伸ばしていく
3. 顎から頬に向かって軽く肌をつまみながらマッサージしていく
1日3セットが目安です。

◆舌回しエクササイズ

1. 口を閉じたまま舌をほうれい線に沿ってぐるっと1周回します。このときに目も舌の動きに合わせて回します。
右回り、左回り、それぞれ5回ずつが目安です。

◆口を大きく開けて美顔トレーニング

1. 口を縦に大きく開けます。
2. その状態で上唇を前歯に強く押し付けるようにします。
3. ほうれい線のあたりを指先で軽くトントンしながら30秒間キープします。

どれも自宅で簡単にできそうですよね。お風呂上りや朝歯を磨くときなど、鏡の前に立った時に行う習慣をつけてみましょう。
毎日少しずつ続けることで顔が引き締まりほうれい線を目立たなくすることができます。

ほうれい線の予防法を!

エクササイズやマッサージなどでほうれい線は目立たなくすることはできますが、やはりできる前に予防するのが一番です。上記に挙げたエクササイズと並行して、ほうれい線をできにくくするケアを生活の中に取り入れていきましょう!

しっかり保湿する

ほうれい線は主に表情筋の衰えと乾燥からできやすくなります。潤いがない分たるんでできたシワや表情を崩した時にできたシワなどが戻らずにそのまま残りやすくなるのです。洗顔のあとはしっかりと保湿しましょう。また化粧水や乳液などからセラミドやヒアルロン酸などを補ってあげることも大切です。

正しいスキンケアをする

肌にとって“摩擦”はNGです。クレンジングや洗顔をするときにゴシゴシこすってしまうと肌の表面が傷ついてしまいます。また洗顔料などには必要な皮脂まで洗い流してしまう強い洗浄力がありますので洗いすぎは乾燥肌の原因になります。泡やオイルを肌に優しくなじませ汚れを浮かせて洗い流すイメージで洗顔しましょう。

肌の潤いをアップさせる食事をする

年齢とともに減っていくコラーゲンを食事で取り入れましょう!身近なものだと鶏皮、手羽先、牛すじ、魚の皮などがあります。またコラーゲンの材料となるたんぱく質やビタミンCをとることも美肌には効果的です。

よく噛んで食べる

“噛む”ことで顔の筋肉が使われます。よく噛んでゆっくりと食事をしましょう。またガムを1日10~15分噛むのもおススメです。

表情を豊かにする

人と会っている時間以外も口角を上げることを意識しましょう。無表情でいることが表情筋の衰えを早めてしまいます。笑う、驚くなど、常に表情を意識して顔のトレーニンをしましょう。

ダイエットに注意!

ダイエットで無理な食事制限をすると肌に栄養が行き渡らなくなり、肌トラブルが起きやすくなります。それだけではなく急激に痩せてしまうことで皮膚がたるみほうれい線ができやすくなります。
また反対に我慢ばかりのダイエットでリバウンドを引き起こしてしまった場合、顔に脂肪がたくさんついてたるんでしまい、これもほうれい線を目立ちやすくします。
短期間で痩せ過ぎる、あるいは太り過ぎるのは肌にとっても負担なのです。ダイエットは無理のないペースでしていきましょう。

ほうれい線解消のまとめ

◆乾燥を防ぐこと
◆表情筋を鍛えること
◆食事に気をつけること

ほうれい線を解消・予防するにはこの3つがポイントとなります。

エクササイズも自宅で簡単にできますし、普段から笑顔を意識するなど小さなことの積み重ねでも充分効果は期待できます。
スキンケアも毎日のことですから、考え方を変えれば毎日が若々しさを作るチャンスなのです。今日からぜひ実践してみてくださいね。

お肌のインナーケア意識してますか?

女性のお肌はとってもデリケートです。ストレスや紫外線などで、一気に影響を受けてしまいます。そこでスキンケア以外にも取り入れたいのは「インナーケア」です。今回は体の内側からキレイになるために積極的に食べたい食べ物ってどのようなものかをご紹介します。身近な食材がほとんどですので、ぜひ今夜から食べるようにしましょう。

肌の為のインナーケア 効果は大きい!

美容が気になる女性なら、食べ物や生活習慣でお肌の調子が変わるのはご存知ですよね。しかし、十分に食事でのインナーケアができている女性は何と全体の5%しかいないと言います。お肌の調子が気にはなっていても、取り組むのは難しいと思ってしまっているようです。

ついつい夜遅くにお菓子を食べてしまったり、ストレス解消と言ってお酒をたくさん飲んでしまってはいませんか?それらはお肌に大敵な習慣です。

インナーケアのための食べ物

しかし、お肌のためのインナーケアは特別なことではありません。毎日の食事のときにちょっと気を配るだけでお肌の状態が劇的に改善できる可能性があります。「お肌の美しさは7割が内側の問題」と言いますから、いかに塗るだけのスキンケアよりもインナーケアが重要かわかりますね。

それでは、具体的には何を食べるとお肌に良いのでしょうか。
インナーケアの始まりはまずは腸内環境を整えること。便秘がちだったり老廃物が溜まっていると、体内の悪いものは出口を求めて皮膚からでようとしていきます。これが、腸内環境が悪いとお肌がどんどん荒れてしまう大きな原因なのです。

インナーケアに便秘は厳禁

そこで、便秘を解消するためには発酵食品を食べることが一番のおすすめです。発酵食品と言ってまず一番に思い浮かぶのはヨーグルトですね。コンビニでも気軽に買えるので、ランチの時にも積極的に食べるようにしましょう。また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはたくさんの種類があります。2週間ほど同じヨーグルトを食べてみてお通じやお肌の調子に変化が無いようなら、違う種類の乳酸菌が入っているヨーグルトにチェンジしてみましょう。

またヨーグルトは食べやすく続けやすいものではありますが、日本人にとって身近なのは何といってもお味噌・醤油・納豆などの大豆発酵食品です。毎日の和食にお味噌汁を付けるだけでインナーケアに繋がりますよ。具材には海藻や旬の野菜を使いましょう。これで便秘の解消ができたら、お肌はぐんぐんキレイになりますよ。

インナーケア 酵素

また、酵素が含まれるものも積極的に食べたいですね。アンチエイジングにも効果があると言われる酵素は新鮮な生の野菜や果物で簡単に摂取できます。生野菜はもちろん、グリーンスムージーや今流行のコールドプレスジュースなどで摂ることを楽しみましょう。酵素は体内のさびを防いでくれます。どうしても老化してしまうお肌のために、生の食材をたくさん食べるようにしましょう。

インナーケア サプリ

基本的には栄養を食事で摂ることが理想ですが、忙しい現代女性にはなかなか難しいことでもありますね。そこで補助的にサプリを使うこともおすすめです。お肌のためにはセラミドやコラーゲンがいいでしょう。これらはドリンクにもなっていますが、カロリーが高かったり添加物が多かったりします。飲みやすくするために糖分が入っている場合もありますので、飲み過ぎには注意しましょう。

このように、食事に気を配り体の中からの美しさを手に入れるためのインナーケアは特に難しいことではありません。食事はだれしもが毎日することです。大きなお金をかけることなく、毎日のことでお肌のケアができると思うと・・・頑張って自炊をするモチベーションも上がるのではないでしょうか??

自分の体は、自分が食べたもので出来上がっています。せっかくの食事なら、美肌に役立つものを食べておきたいですね。

ほうれい線ケアが気になる!評判のよいスキンケアは?

いつの間にか気がついたらほうれい線が目立つようになってしまっている。ほうれい線ってもう気になりだすととまりませんよね。どうしたらいいんだろうと途方に暮れてしまう気持ちもよくわかります。年齢?いえいえ、年齢だからとあきらめないで!

このほうれい線、なくすことはできなくても薄く、目立たなくなればどんなにいいかと思ったことはありませんか?
そんな方法があるんです。毎日のケアに加え、お化粧の方法だって少し変えてあげれば目立たなくすることはできるんです。
その方法についてご紹介していきます!

ほうれい線が目立つ年齢です。原因は?

さて、第一章ではほうれい線ができてしまう原因を最初にお話しさせていただきます。
ほうれい線ができる原因はお肌の「たるみ」です。年齢を重ねるごとにたるんでしまった部分がシワやほうれい線になってしまうのです。

ですがほうれい線の原因は加齢だけではありません。
生活習慣の乱れ、ストレス、ダイエット、紫外線といった、たくさんのことが重なりあってほうれい線の原因になっているのです。
そしてほうれい線のできやすい理由というのは、

・肌の乾燥
・紫外線ケアをせずに日光を浴びて肌が弱っている
・顔の筋肉が発達していない
・血行が悪い

といったものがあります。
日常生活の中でたくさんのことがほうれい線に悪い影響を与えているのです。
原因と理由がわかったところで、これから日常生活で気をつけることをお話ししていきますね。ちょっとの手間をかけるだけでほうれい線を目立たなくすることは可能なんです!大切なことは毎日行うということ。劇的に効果がでるというわけではないですがこういったものは地道に毎日続けることが大切です。
気がついたときに行動しましょう!

1、皮膚を伸ばすこと
紙にしわが出来てしまったとき、手で伸ばしますよね。それと同じことを自分の肌にもしてあげてください。指や手でほうれい線を伸ばすのです。このとき乾燥した肌にマッサージしてはいけません。肌を傷つけてしまうからですね。お風呂に入った時や、スキンケアをした時に一緒に行いましょう。

2、口の中からほうれい線を伸ばそう
さきほどお話ししたのを口の中からも行いましょう。親指をほいれい線のあるところにいれ、伸ばすようにマッサージをするのです。やさしい力でスッスッと重なってみてください。これを左右10回ずつくらい。これも入浴中の血行がよくなっている時にするのがオススメです。

3、表情筋を鍛える
ほうれい線はたるみからできています。たるませないためには顔の筋肉を鍛えることがとっても大切。
毎日、「あ・い・う・え・お」と大きく口を開ける体操をしてください。しっかりと大きな口を開けることが大切ですよ!見られたら恥ずかしいので、やる時は誰もいないところでやった方が良さそうです。

4、生活習慣を整える
ほうれい線の原因ともなる生活習慣の乱れ。この機会にしっかりと見直してみましょう。睡眠時間を確保し、バランスのいい食事をし、適度な運動をする。これだけで肌が生き返る気がしませんか?

ほうれい線と生活習慣は切っても切れない関係にあります。どんな肌トラブルでも生活を整えるということがすべての基礎になってくるんです。
第2章ではほうれい線を消すメイクの仕方をご紹介します。

ほうれい線と生活習慣は切っても切れない関係にあります。どんな肌トラブルでも生活を整えるということがすべての基礎になってくるんです。
第2章ではほうれい線を消すメイクの仕方をご紹介します。

ほうれい線を目立たなくする最新メイクは?

第2章ではほうれい線を目立たなくするメイクの方法をお話していきますね。
まず、お化粧の前にはしっかりとスキンケアを行ってください。ほうれい線を目立たなくするためにも直前のスキンケアはとても大切なんです。この理由は第三章でまたお話しさせていただきます。

1、しっかり保湿をしたスキンケアを行う

2、下地をつける
下地には肌の凸凹を滑らかにして、シワを目立たせなくしてくれる働きがあります。その上にファンデーションを塗ってもシワの中にファンデーションが溜まるのを防いでくれるんです。
下地はお肌のことを考えて、紫外線をカットしてくれるものを選ぶようにしましょう、紫外線はほうれい線を悪化させてしまう原因ですからね。

3、コンシーラー
シワやくすみを隠してくれる便利なコンシーラー。ほうれい線を目立たせないようにコンシーラーを使う時は、丁寧に指で馴染ませながら明るめの色のものを使うのがオススメです。何回も指でトントンとやさしくしてあげてくださいね。

4、ファンデーション
ファンデーションをほうれい線の上から塗ったらスポンジでトントンと叩き込んでください。この時もやさしくするのが大切ですよ。ファンデーションは塗りすぎてしまうと溝に溜まってしまうので、スポンジを使って厚塗りにならないように気をつけてください。
まだほうれい線が目立つ、という方はハイライトを使いましょう。パール入りのハイライトを使うことで光の効果でほうれい線が気にならなくなるんです。

5、メイク直し
メイクの際に気をつけることはほうれい線にファンデーションが溜まったり、ヨレてしまっていないかということです。メイクはだんだん時間とともに崩れていってしまいます。その上からファンデーションを重ねるとまたすぐに崩れてしまいます。一度ティッシュでオフしてから、もう一度スポンジを使って馴染ませてください。

以上がほうれい線を目立たなくするためのメイクの方法です。
「やさしく馴染ませる」のがポイントです。肌を触る時もメイクをする時も、ご自分の肌にやさしく触れてあげてください。

ほうれい線の為のスキンケアの口コミは?

第3章ではほうれい線を目立たなくするためのスキンケア方法についてお話しさせていただきますね。

ほうれい線を悪化させないためにもスキンケアはとても大切なんです。
ほうれい線の原因であるたるみとシワですが、これは肌の乾燥によるものもとても大きいとされています。肌の中に水分が足りないため乾燥してしまい、肌にハリやツヤがなくなり、次第にそれがシワやたるみになってしまうのです。そのため毎日のスキンケアの中でしっかりと保湿をすることが大切なんです。

その方法と、スキンケア口コミランキングを紹介します。

1、まずはメイク落としと洗顔をして肌の汚れを取り除きます。この時少しでも汚れが残っていると栄養が染み込まないうえ、肌荒れや出来物の原因になってしまうのできっちりとやさしく落とすよう心がけましょう。

2、洗顔後、清潔なタオルで水気を拭き取ります。そして化粧水をコットンまたは手のひらに取り、肌に馴染ませます。コットンでも手でも賛否両論がありますが私は個人の好みでいいと思います。化粧水と乳液や美容液といった栄養分を肌に入れ込み、保湿をします。肌に馴染ませ、奥まで浸透させるようなつもりで行ってください。

◆<コットン>
コットンなら化粧水を染み込ませ、ヒタヒタとやさしく肌に馴染ませてください。叩き込むのではなく、あくまでもやさしくすることがポイントです。
◆<手のひら>
手のひらに取る時には500円玉くらいと言われていますが、一度にそんなに取るとこぼれてしまうと思います。少量ずつ行うのがオススメです。少しずつ手に取る→肌に両手で馴染ませる、これを2、3回繰り返します。

3、そして3分ほど時間を置いてから乳液を塗りますこうして3分時間を置くことで化粧水が肌によく浸透すると言われているんです。

4、そして乳液をムラなく塗って、両手で包み込み、浸みこめ、浸みこめと念じます。病は気からという言葉もあるように、こうすることで肌の馴染みもよくなるんです。

そしてスキンケアが終わったら、早めに寝ましょう!
特に乾燥が気になる方は美容液やナイトクリーム、保湿クリームをプラスするといいですね。
ほうれい線を目立たなくするために必要なことは「保湿」です。保湿に大切なのはなんといっても普段からのスキンケアです。しっかり毎日ケアをしてほうれい線を目立たなくしましょうね。

無添加コスメのファンケルエンリッチなど評判が高いです。
ファンケル エンリッチ お試し価格で試せます。

まとめ

ほうれい線は加齢とともに目立つようになると言われていますが、自分の努力次第でどうとでもできるんです。
毎日のスキンケア、生活習慣を見直してほうれい線を目立たなくし、明るい表情で毎日を過ごせるようになりたいですよね。

今日からさっそく始めちゃいましょう。きっとしばらくしたら鏡を見るのも楽しみになりますよ。そんな自分になったらメイクもおしゃれも何倍も楽しくなります。
そんな未来に向かって一歩踏み出してみませんか?